コマンドラインでのCUPSプリンタ追加

GUIを入れてない作業用端末でrootがnologin(というよりはsudoのみのパスワード設定がない)の時は、CUPSへのプリンタの追加はGUIも使えないしlocalhost:631も使えない、ということでコマンドラインから追加した顛末記。(=個人的メモ)環境はDebian Jessie amd64。

インストール済のppd一覧はlpinfo -mで取得でき、

lsb/usr/cupsfilters/Fuji_Xerox-DocuPrint_CM305_df-PDF.ppd Fuji Xerox
lsb/usr/FujiXerox/fxlinuxprint.ppd.gz FX Printer Driver for Linux
gutenprint.5.2://xerox-able_1406/expert Xerox Able 1406 – CUPS+Gutenprint v5.2.10
gutenprint.5.2://xerox-dc_400/expert Xerox Document Centre 400 – CUPS+Gutenprint v5.2.10

のようなリストが取れる。上二つはXeroxのlinuxのppdパッケージを先に入れておいたからリストされている。ターゲットのプリンタをIPアドレスで指定して、ppdファイルにはlpinfo -mで出てきたフルパスで指定。

lpadmin -p 2-3f -m lsb/usr/FujiXerox/fxlinuxprint.ppd -E -v lpd://xxx.xxx.xxx.xxx/

これでa2psでテストプリントしたらLetterサイズになって、a2ps-site.cfgでいじっても、libpaper (/etc/papersize)を設定しても何ともならなかった(システムリブートまでやった)ので、あきらめて

lpadmin -p 2-1f -o Media=A4

でプリンタのデフォルトを変更して対応。

Leave a Reply »

CAPTCHA Image
*