Bugzilla 3.5.3, 3.4.5, (3.2.6, 3.0.11) セキュリティーアップデートリリース

bug-ja.org – Bugzilla Users Group in Japan (設立準備中) では、Bugzilla-ja 3.5.3, 3.4.5 の2バージョンをリリースしました。

すでに既報のとおり、Bugzilla プロジェクトではレポジトリシステムの移転を予定しています。このため、bug-ja.org では3.2ブランチについては、通常のスケジュールである、2バージョン先がリリースされた時点でサポート停止を前倒しし、今回のリリースまでにサポート停止を発表していました。

さまざまなスケジュール上の問題の影響で、今回のセキュリティーリリースはbzrへの移転の前にリリースが完了することになりましたので、(短期の)将来的に3.2.6に関してはリリースすることも検討しています。(なお、この変更があったとしても、3.2.7移行はリリースされません。)

なお、bug-ja.org に関する今後のスケジュールに関しては、上述のブログエントリをご参照ください。


bugzilla.org が利用するレポジトリシステムは、このリリース直後に CVS から bzr に移行します。このため、リリース直後より CVS レポジトリへのチェックインは制限され、移行後までチェックインは行われません。

なお、bug-ja.org では当面の間はこれまでどおり Subversion を利用する予定です。


今日、Bugzillaから4つの、Bugzilla-jaから2つの新しいバージョンをリリースしました。

Bugzilla 3.4.5 は最新の安定板リリースです。いくつかの有用なバグ修正と複数のセキュリティー修正が行われています。

Bugzilla 3.2.6 は最新の 3.2 ブランチのセキュリティーリリースです。Bugzilla 3.0.11 は最新の 3.0 ブランチのセキュリティーリリースです。(注: すでにアナウンスのとおり、Bugzilla-ja では 3.2 以前のブランチへのリリースは行っていません。)

Bugzilla 3.5.3 は最新の不安定・開発版リリースです。現在、3.6 のリリースに向けて新機能についてはフリーズされており、いくつかの新機能が最終リリースまでに入る可能性はありますが、現在のリリースが最終的な 3.6 リリースとほぼ同じとなります。通常の開発版リリースと同じく、Bugzilla プロジェクトによる QA テストは行われておらず、実運用環境で利用すべきではありません。開発版は Bugzilla の次期リリースがどのような機能を含むのかを事前に試すためにあります。また、バグ報告やフィードバックを受けるためのテスト目的でもあり、開発版にバグを発見したり、機能に不満がある場合は、われわれにぜひご連絡ください。

ダウンロード

Bugzilla は以下からダウンロードできます: download

日本語版については、日本語テンプレートパックを以下からダウンロードできます: download

リリースノートと変更点

インストールやアップグレードの前に、利用しているバージョンのリリースノートをご覧ください。

  • 3.4.5: http://www.bugzilla.org/releases/3.4.5/release-notes.html
  • 3.2.6: http://www.bugzilla.org/releases/3.2.6/release-notes.html
  • 3.0.11: http://www.bugzilla.org/releases/3.0.11/release-notes.html

日本語版は、日本語版テンプレートの中に含まれます。(pages/releasenotes.html.tmpl)ウェブページ形式のものは、landfill を準備中ですのでしばらくお待ちください。

  • 3.4.5: http://svn.bug-ja.org/bugzilla/bugzilla-l10n-ja-3.4/tags/3.4.5-ja-rel01/template/default/ja/pages/release-notes.html.tmpl

メジャーバージョン間のアップグレードを行う場合、リリースノートを読んでいただくことが重要です。(3.2.x から 3.4 など)

あなたのバージョンから現在の最新版の間のすべての変更点のリストは以下にあります: changes

Bugzilla アップグレード

Bugzilla プロジェクトおよび最新開発版のリリースに関する情報は、以下のニュースサイトで確認できます。

http://bugzillaupdate.wordpress.com/2010/02/01/release-3.4.5/

バグ報告

Bugzilla にバグを発見した場合、報告してください!方法については以下を参照してください。

http://www.bugzilla.org/developers/reporting_bugs.html

日本語でのバグ報告は、bugzilla@jpmoz までお願いします。

http://bugzilla.jpmoz.net/

サポート

Bugzilla に関する、英語のメーリングリストや IRC もあります。もしくは、有償サポートを提供するコンサルタントも存在します。

  • 無償サポート: http://www.bugzilla.org/support/
  • 有償サポート: http://www.bugzilla.org/support/consulting.html

日本語でのメーリングリストなどユーザ相互サポートの場は現在検討中です。IRC チャネル (utf-8)はご利用になれます。

Bugzilla とは

Bugzilla は、”欠陥追跡システム” や “問題追跡システム” です。欠陥追跡システムでは、開発者個人やグループが、製品に存在するバグを効率よく追跡することができます。通常の商用欠陥追跡システムでは費用がかかります。Bugzilla は、”フリー” でありながら、そのような商用システムが持っていないような機能もあります。その結果、Bugzilla は全世界にわたる数千もの組織に利用されるようになり、もっともよく利用される欠陥追跡システムとして広く認知されています。

詳細は http://www.bugzilla.org/about/ をご覧ください。

原文:  -Max Kanat-Alexander / Release Manager, Bugzilla Project
日本語版: bug-ja.org

Leave a Reply »

*