Perlパフォーマンス測定

LpSolitがBugzilla->loginのボトルネック測定に-DPref使ってるけど何かいいのない?とかぼやいてたので、Devel::Profilerとか、Benchmarkとかを提案してみる。Benchmarkのほうは、スクリプト全体を突っ込めない(もしくは、shebangに突っ込めない)ので却下だったらしいけど。

LpSolit> “NOTE: If Devel::DProf works for your application then there is no reason to use this module.”
LpSolit> taken from the Devel::Profiler docs :)
himorin> heh :)
LpSolit> oh, I like the bad_pkgs argument
LpSolit> very useful to ignore DBI and Template

とかゆってたので満足したんでしょう。

もともとは、DPrefだと出力ファイルがtmon.proに固定されているのが不満で、CGI経由で実行毎に違うファイル名で吐いてほしかったらしい。その機能は使ったことはあったので知ってたけど、bad_pkgsとかまではperldocを読んでなかったので、そのうち一度ザーッと見てみることにする。

Leave a Reply »

*