bmoの改善

(This is an announce for the Japanese community…)

Gervがbugzilla.mozilla.org (bmo)の改善を新しいSoW (Schedule of Week) で始めることにしたらしい。ということで、moz.dev.planningなどでmozillaの各プロジェクトに向けてどういう新機能や改善が、そのプロジェクトの遂行に向けて必要か、という意見を出してくれという案内が流れてる。

これまでに出ているのは

  • l10nからl10n dashboard向けにデータを取ってくるためのJSONフロントエンド
  • bounceメール対処のためのフロントエンド (bug-org 209181)
  • CCフィールドでのメールアドレスオートコンプリート
  • FIXEDになったビルドを示すための機能 (shaverは次のnightlyだからわかるだろうとかゆってるが)
  • “trunk”などの相対的バージョン番号をなくす
  • nightly buildのバージョンを示すための機能 (とそれにまつわるカレンダーとか)
  • 現存フィールド(ハードウェア、OS、重要度)の改廃、status/resolutionの統合
  • ブランチ毎の修正状況の追跡 (ブランチ毎のパッチ機能)
  • 次に行う必要のあること、とその担当者の指定
  • ユーザのbmoでの活動状況を見れるように (登録・コメントした人の活動状況)

などなど。いまはアイデアだしの真っ最中なので、日ごろ思うことがある人は投げてみてはいかがでしょうか。

もっとも、Bugzilla関係者から見ると、長く検討中の課題ですね、というところも多いのかもしれないけれど。。

One Response to

  1. Bugzilla Improvements « himorin’s blog via Pingback:

    […] updates for my previous post, Gerv and other bugzilla forks are now making a new wiki page […]

Leave a Reply »

*